設立にかかる費用

会社設立ナビ

会社設立の費用あれこれ

会社から独立したり、個人事業を会社にするため法人成りをすることがあります。
その際様々な会社設立の手続をする必要がありますが、具体的にどの程度の費用が必要になるのかについてはあまり知られていません。
その為まずは会社設立にかかる費用がどの程度かという点について知っておかねばなりません。
設立にかかる金額は会社の種類によって大きく違い、合同会社で約6万円、株式会社で20万円程度かかります。
また会社の種類によってもメリットやデメリットが存在し、それらの点についてもしっかり勘案しておかないと、金額以上の出費が必要となってしまうこともあります。
そのため設立を検討するのであれば、一度弁護士や司法書士に相談するのもひとつの手です。
会社を設立する際のコンサルタントを行ってくれる他、費用はかかるものの手間のかかる手続きの代行も行ってくれます。
特に登記手続きなどは非常に面倒なため、士業を始めとするスペシャリストに依頼し、会社設立を行うのも重要です。

会社設立費用を抑えるためには自分で手続きをするのがベスト?

会社設立の際に費用を抑えたいと考えるのは、当然のことです。
会社は設立したらそこで終わりというわけではなく、これから運営していくにあたって様々な費用が必要になるので、初期投資の額はできる限り抑えたいものです。
実際に設立する場合には、個人で手続きを行って設立する方法と、専門家に依頼する方法があります。
専門家に依頼する場合、依頼料金が発生するので、自分で手続きをした方がお得と思っているかもしれません。
ですが、必ずしも自分でやったほうが得とは限りません。
同じ手続きであっても、専門家のほうが電子化したり効率的に作業を行うことができるので、会社設立にかかる費用が節約できる場合もあります。
ある程度節約できれば、専門家に依頼する額を考えても、自分で手続きをするよりも、専門家のサポートのほうが得になります。
また会社設立初心者の経営者と比べて、専門家は作業になれているのも専門家に頼むメリットです。
いずれにしても、自分の状況を考えて、ベストな方法で設立を目指すことが大切です。

Favorite

浮気調査 福岡
http://www.cbnr.jp/

Last update:2015/8/7

COPYRIGHT(C) 会社設立ナビ ALL RIGHT RESERVED