手続きに必要なこと

会社設立ナビ

手間のかかる会社設立手続き、必要となる物について

会社設立には書類の作成や届け出、などの細々とした手続きや作業が多く、顧問の税理士や会計士を雇い処理してもらうのが一番簡単な方法ですが、会社名や所在地、目的、資本金などの基本事項は設立前に自分で決めて準備しておく必要があります。
実際に自分で全てを用意した場合に必要となるものは、実印・会社印・印鑑証明、会社の基本事項が定められた会社定款、発起人名義の口座(新規である必要はない)に資本金を入れた払込証明書、定款の補助的なものである発起人決定書、法務局に提出する設立登記申請書、印鑑届書、電子認証の場合は必要書類をファイルで提出、などです。
個人でこれだけの書類を集めて申請するのは慣れていなければ手間のかかる作業ですが、会社定款や発起人決定書等は無料電子ファイルのダウンロードの利用で自分で容易に処理することもできます。
手間を省いて専門業者に申請を依頼して費用をかけるか、自分で行うかは費用と時間を考慮して選択すれば良いのではないでしょうか。

会社設立手続きは代行会社に依頼することで自分でやるよりお得

会社設立手続きは自分で行う場合は、設立準備などで時間も取れずに、また専門知識がないためなかなかうまく進みません。
分からないことばかりで一つ一つ調べながら行うため時間がかかってしまいます。
そんな時に会社設立手続き代行でネツトで検索すると数多くの代行会社がでています。
電話で確認して印象の良い所に依頼すると、司法書士や、税理士などのプロが対応してくれるため短時間でスピーディーに処理してくれます。
そして驚くことには、個人で行った場合と代行会社に依頼した時では、費用が代行会社の方が安くおさまることです。
定款収入印紙代金が0円で各種割引がつくことで大きな差がでてきます。
また起業・独立の手続きは、簡単なようで意外と時間を取られます、本業に専念できません。
さらに充分に注意が必要なのは税務問題です。
資本金の問題や、役員報酬の問題など代行会社に依頼すると専門の税理士のアドバイスを受けることができ安心できます。

Valuable information

エステサロン 横浜
http://emotion-esthe.jp/

2015/8/7 更新

COPYRIGHT(C) 会社設立ナビ ALL RIGHT RESERVED