税理士のサポートサービス

会社設立ナビ

会社設立を税理士に頼む前に、設立の知識を持ちましょう

サラリーマン生活から独立開業を決意すると、初めての経験が当面付きまといます。
そのために、会社設立については税理士などの専門家に任せてしまい、事業数字の組み立てに走り回るものです。
ところが、これは後々に問題を残してしまいます。
どんなに忙しくても、会社設立のシナリオは自分で理解をしておかなければなりません。
会社を興すのは、本人なので設立の手順、会社の種類と内容を理解しておかなければ、将来税理士の判断を仰ぐ必要なく、決めなければならない時が来るものです。
相談しながら、会社設立を進めていきますが、設立する本人がそのシナリオを理解しておかなければ、税理士の質問にも答えようがありません。
それを曖昧にして進めてしまう人が多いのです。
専門家は設立することが目的ですから、自分の仕事に専念して早く済ませることを考えてしまいます。
事務的なことは任せて構いませんが、内容を理解した範囲内で専門家に任せることを怠ってはなりません。

会社設立の際は税理士にサポート依頼するのがいい

会社設立をする場合にはいろいろな準備や手続きが必要になりますが、自分ではわからない専門的な知識が要求されることが多いです。
もちろん、関係する行政窓口に聞けば対応方法を教えてくれますが、設立時期は本業の準備等もあり忙しいため、一つ一つ専門外のことについて話を聞きながら自分で準備を進めることは効率が良い方法とはいえないかもしれません。
そういった時には専門家の力を借りるのが良い方法といえるでしょう。
会社設立の際に役に立ってくれる専門家としては税理士が考えられます。
税理士は登録すれば行政書士の資格者にもなることができますので、行政書士を兼任しているという人も多いです。
会社設立作業の経験のある税理士に設立手続きを依頼することで、自分は本業の準備に力を割くことができます。
また、設立後も税務顧問として仕事をお願いすることができますので、設立の経緯を知っている人に税務サポートをお願いできるというメリットもあるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

鴨居 歯科
http://matsushita-shika.com/

Last update:2015/8/7

COPYRIGHT(C) 会社設立ナビ ALL RIGHT RESERVED